嫌な臭いで寄せ付けない|大切なものを食い散らかされる前に「シロアリ駆除業者におまかせ」

大切なものを食い散らかされる前に「シロアリ駆除業者におまかせ」

ウーマン

嫌な臭いで寄せ付けない

コウモリ

ハッカのにおいで撃退

コウモリは直接的に人に被害を与える生き物ではありませんが、乾いた糞を吸い込むことによってアレルギー症状が出たり、コウモリ自体にダニやノミがいることも多く、見つけたら駆除しておくことが大切です。コウモリ駆除の方法としては超音波を発する機械がよく知られています。しかし、値段や手軽さからいくと、においによるコウモリ駆除がおすすめです。コウモリの苦手とするにおいは、ハッカであると言われています。ホームセンターではハッカの臭いのする撃退スプレーが売られているので試してみるといいでしょう。日本でよくみられるイエコウモリは、体長が5cmほどしかなく、2cmの隙間からも入り込んでしまいます。シャッターや通気口などは狙われやすいので重点的にスプレーすると効果的です。

継続的に近寄らせないこと

コウモリは夜行性です。昼間はねぐらの奥深くに隠れているので、夜間巣から出て行ったところにスプレーすることでより高い効果を得ることが出来ます。巣から出て行った後に、撃退スプレーをまんべんなく吹き付けておくと、コウモリは帰ってきても巣の中に入ることが出来ません。しかし数日すると嫌な臭いの効果が薄れ、再びコウモリは戻ってきてしまいます。そこでコウモリ駆除をする場合は、2〜3日おきに撃退スプレーを吹き付けておくといいでしょう。コウモリが寄り付かなくなったら、侵入口はふさいでおきましょう。通気口はより目の細かいもので蓋をすることによってコウモリ駆除が可能です。シャッターは、普段から使うことによってコウモリが住み着くことを防ぐことが出来ます。毎日開け閉めして近寄らせないようにしましょう。